2011年03月31日

日本、未曾有の混沌期へ

424:本当にあった怖い名無し:sage:2009/10/08(木) 11:18:52 ID:GFjc2xC10
伊勢の夫婦岩、大しめ縄切れる 台風の荒波で 2009年10月8日

台風18号による荒波の影響を受け、三重県伊勢市二見町沿岸にある夫婦岩を結ぶ、二見興玉神社の大しめ縄5本がすべて切れた。
約10メートル離れた夫婦岩を、約35メートルのしめ縄5本で巻き付けるように結んでいた。
9月5日にしめかえたばかりだったという。
o0256017910270385323.jpg


430:本当にあった怖い名無し:sage: 2009/10/08(木) 11:26:43 ID:WcecjoKd0
>>424
ぜ、全部ですか…(絶句)

しめ縄って…封印って意味もあるんですよね
ついに出陣のときがきたのか…

まあ
しめ縄の起源が天岩戸の時に締めたという話から来ているのだから
再び岩戸に閉じこもられた太陽を解き放つ時
新たなしめ縄が締められるのだろう…そのためなのか

その時、日本に本当の太陽が戻るのだろう…
戦後64年を経てやっと…


431:本当にあった怖い名無し:sage:2009/10/08(木) 11:28:13 ID:wy2pQow80
>>424
か、神様方がアップを完了されたのか((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

451:本当にあった怖い名無し:sage:2009/10/08(木) 12:12:13 ID:8h2+zQrH0
あの世とこの世の扉が開いた状態ですね。
これから忙しくなりそうですね。


758:本当にあった怖い名無し:sage:2009/10/08(木) 22:42:55 ID:QSFTiEqv0
書いてる内に支離滅裂になってしまったけど、とりあえずかいとかなきゃいけない気がするので書く

注連縄が切れたことと木が倒れたことは基本的には同じシンボルだね
注連縄というのは異界とこの世の境目であることは皆分かってると思うけど、
「樹木」にも重大な意味がある
そもそも「樹木」は日本においては「神」と等号を結べる存在であり、
「神」とはすなわち自然界の樹=気である
しかもその上で、樹というものの形を見ればすぐに分かることだけど
樹はその上下両端で広がり、その広がった部分は中央の幹で結ばれる
しかもその上端は天空につながり、下端は地上と結ばれる
つまり、樹というものは、「天と地を分かつ者」である
古来より伝わるいくつもの神話を見れば分かるけど、この、「天地を分かつ者」
というのは、多くの場合において、「原初神」か「神々の王」のいずれかである
すなわち、天地の分割とは、あらゆる秩序の初めであり、それほどにまで偉大なものだ
カバラにおいて神と世界の全てを記述する象形が命の「樹」であることもうなずける
(日本神話においては神も天地分割も「自然の作用」であるから、こういった役割の神ははっきりとはおらず、
「中心」「光」「火」「太陽」といった、個々の自然物や概念を現す神がほとんどではある)
……つまり、樹が倒れるということは、天地の境を保つ存在がなくなること
これに加え、世界と世界の境界を分かつ注連縄が切れるということは、
「この世界を形作るあらゆる秩序・境界が崩壊し、原初の混沌へと還る」こと、
つまり、天地開闢以来、未曾有の混沌期を迎えることを予兆する


761:本当にあった怖い名無し:sage:2009/10/08(木) 22:47:00 ID:QSFTiEqv0
ところで、木が倒れて横になった姿は占星術上のとあるシンボルに酷似することは気付いているかな?
そう、横道十二宮の最後、魚座のことだ
これもやはり、分かたれた二つのものを結びつけ、再び混沌へと帰っていくさまをも象徴するが、もう一つ大事な象意がある
そして魚座(というより魚)は、イエス・キリストを表す

まあ、理由は、ギリシャ語で「イエス、キリスト、神の、子、救世主」という言葉の頭文字を繋げると、「魚」という言葉になるからなんだけど、この「魚」の名を与えられた「魚座」も当然のごとくキリストの象意でもある
たまに、魚座の「優しい性格」を「キリストのような」と表現するのも、この辺と関係があるだろうね
ついでに、太極図も二匹の魚が交わりあう姿に模されるね
つまり僕が言いたいのは、ついに「メシアの出現」の「準備段階」が始まったのではないかということ
(この「メシア」は、必ずしも一人あるいは複数の「人間」を現すとは限らない)

……なんだけど、一つ言っておかなきゃならないのは、
特に、「日本の覚醒が〜」とか「夜明け前が一番〜」とか言いがちな人たちになんだけど、
今回訪れるであろう混沌は、天地や異界との境すら消えるような、想像を絶するものであるからして、
「そういう次元の話ではない」可能性が高いということに留意して
いや、日本の覚醒と、夜明けを否定するわけではないよ、寧ろ逆で、それらは既に約束されているし、世界レベルの混沌期からの脱出の際に、新しい秩序を生み出すのは、世界の中心たる日本以外には出来ないと考えている
ただ、言いたいのは
まだ夜明け前どころか夜(下手したら夕方)に差し掛かった段階でしかない可能性についてもっと考えた方がいいということ

おそらく、この混沌は、僕の考えでは、あと十年は続く(一時的に良くなったように見えることはある)
すなわち、まだまだ戦いは続く、たとえ今後一時の勝利を得られても、それはひと時の間の休息にしかならない
ただし、その間の苦難を、少しでもやわらげられるかは、日本の国民の意思にかかっている
先は果てしなく長いが、その全てが踏ん張りどころ、休む間すらないかもしれない
各人、最終的な勝利が約束された戦いだからといって、くれぐれも油断をしすぎることのないよう


762:本当にあった怖い名無し:sage:2009/10/08(木) 22:48:29 ID:QSFTiEqv0
おまけ:
これはあくまで予想(というより予言)だが、近く自民党は再び勢力を盛り返す
だが、それは再びの惨劇の始まり
おそらく93年の細川から今に至るの流れをそのままコピーしたようにくりかえし、
衰退・大勝とふたたびの危機を経て、またしても圧倒的窮地の中で総選挙を待つこととなるだろう
そして、おそらくそのとき、今までの二回とは違う「何か」が現れる
そして、秩序は再生を迎え、それまでの全ての戦いは一つの「答え」にたどり着く
その「答え」はおそらく国民の内にあるだろう

支離滅裂な上に長すぎで三連続投稿になってしまった
面倒なら読まなくていいです すいません


日本防衛オカ板部隊待合室45
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1254871822/160


dogwood
http://blog.goo.ne.jp/welcome-dogwood
被災した動物たちの面倒を見ているブリーダーさんブログ。
現地でのくわしい様子も載ってます。
4/8現在:保護わんこ@132頭 保護@にゃんこ@23頭
>
posted by さい at 23:32 | Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。